讃岐三畜銘柄化推進協議会


香川県で育った牛肉を安心して召し上がっていただくために、香川県内で生産されている牛の生産者情報を公開します。
(公開および公開内容は農家の方の申し出によるものです。)

市 町
生産者農家
牛の個体情報はこちらから


(個体情報を見る)


 

生産農家においてもBSE(牛海綿状脳症うしかいめんじょうのうしょう)対策を行っています
●牛を原料とする肉骨粉(肉と骨を粉にしたもの)については、家畜のエサとしての製造、出荷、使用が禁止され牛へのBSEの感染を防いでいます
 



●すべての牛がBSEの検査を受けています
●食肉処理場で、諸外国でも例がない食肉処理を行うすべての牛を対象にした精密検査を実施し、
検査に合格した牛肉だけが出荷されています


●さらに、BSE感染の有無にかかわらず、すべての牛の特定部位
(頭部、脊髄等)は取り除かれ、焼却処分されています。

●したがって、BSEに感染した牛が食用として出まわることはありません
(世界最高水準の検査体制が確立しました。)

※牛肉はもともと安全です
BSEは、もともと牛が持っているプリオンと呼ばれるたんぱく質が異常になって起こる病気です。
英国でもさまざまな試験・研究の結果、異常プリオンは、特定部位以外では発見されませんでした。
こうした結果から、これらの部位を含まない牛肉は、OIE(国際獣疫事務局)の基準でも感染の可能性がないとされており、食べても安全です




●精密検査を実施し安全な牛肉だけが店頭や食卓に届けられます


生産農家情報公開システム(GOOGYU)について 個体識別番号について 牛肉のトレサビリティーについて 牛の品種について
飼料の基礎知識 飼育形態の違いによる生産農家の分類 食肉処理場と家畜市場 牛肉の等級について
牛肉の部位・呼び名について      

copylight 2002 googyu.com - All rights reserved